円高や円安の考え方とFX 比較

FX 比較取り引きにおいて、円高や円安は切っても切り離せないもので、為替の売買が成立するのも、この円高や円安が存在しているからです。100円を軸として、101円が円安で99円が円高であるという理屈はお分かりでしょうか。一見すると、100円よりも価格が上がっているのに、なぜ円安と言われるのか素人目には少し奇異に感じてしまいます。これは、基軸通貨をもとに、円高や円安を定めているのが理由で、現在は米ドルがこの基軸通貨として扱われています。つまり、米ドルを円で購入する場合、1ドル手に入れるのに101円かかるか、99円で済むのかという話なのです。

つまり円高の場合は米ドル安、円安の場合は米ドル高となり、99円と米ドルを安く購入できる分、円が強くなり円の価値の高い円高となるわけです。FXの場合、こうした米ドルと円とのペア通貨が、断トツで一番人気であり、ほかの外貨の取り引き量は米ドルと円とのペア通貨と比べると、かなり少ないのが現状です。

しかし、円高や円安の考え方は、ほかの外貨と比較しても同様の考え方でかまいません。ただ、FX 比較による為替の情報元によっては、円やドルをそれぞれ基準にする事がありますので注意が必要です。